毎日毎日、もっと良くなるを考える。
てんま整骨針灸院の日常
2020.02.12 (Wed)
漢方薬
  • 院長
  • 漢方にはひとつの病に対して沢山の処方が存在します。

     

    状態により変えないといけないものもあれば、

    体質は個々により異なるため

    あの人はこれが合うが自分にはいまひとつ効きが悪いとかよくあります。

     

    風邪を例にあげてみると、

    風邪の引き始めは葛根湯

    熱が上がりこじれたら麻黄湯

    鼻水には小青竜湯

    喉の痛みには桔梗湯・銀ぎょう散

    咳は麦門冬湯・麻黄附子細辛湯

    というように時期と症状により飲み分けをしないといけません。

     

    風邪を引くと体力が落ち、体内外の気が虚する(不足)状態になるため

    「気」を補うために補中益気湯をプラスで飲んでみるとよりいいでしょう。

     

    てんま整骨鍼灸院内に併設の形をとり、

    まごころ薬店として小太郎漢方製薬株式会社の漢方薬と一般用医薬品を

    お求めやすい価格で販売しております。

     

    治療は受けずに漢方薬のみを購入してくださる方も来てくださっていますのでお気軽にお越しください。