毎日毎日、もっと良くなるを考える。
てんま整骨針灸院の日常
2020.02.11 (Tue)
注目
  • 古田
  • 最近テレビなどで東洋医学を取りあげる番組をよく見るようになりました。東洋医学では病気をしたり体調が不良になったりするのは全身の「気・血」の流れが滞るためだと考えられています。「気」は目に見えない生命エネルギーで「血」は血液やリンパ液などの体液を指しておりこの気・血の流れる道が「経絡」と呼ばれるものです。ツボはこの経絡上にあり、身体に不調がでるとツボに触れたときに痛みなどの反応が現れてきます。ツボを触って硬かったり、痛みなどがある場合でもいた気持ちいぐらいの強さで押さえるのもご自身でできるケアの一つになります。